ファンワークス

NEWS


main1

最先端技術で新たなスポーツを考える「超人スポーツ協会」の発足を記念したパネルセッションに、弊社高山が登壇いたします。いつでも、どこでも、誰もが楽しむことができる「超人スポーツ」を考えるため、さまざまな業界の著名人でパネルセッションをおこないます。弊社では、以前、「東京オンリーピック2008」というアニメーション作品の制作およびプロデュースを実施しましたが、2020年に開催される「東京オリンピック」を控え、超人スポーツとのコラボレーションについてのプレゼンテーションなどもさせていただく予定です。

 

パネルセッションの後には懇親会も開催予定です。ぜひご参加ください! また、当日はWEBでの生放送も予定されています。詳細は下記、超人スポーツ協会ホームページをご覧くださいませ。

 

http://superhuman-sports.org/

 

日時:2015年6月2日(火) 17:00 開場予定 ※時間がずれる可能性があります。

場所:慶應義塾大学 三田キャンパス (〒108-8345 東京都港区三田2-15-45)
【設立イベント】東館G-SEC Lab 6-7F / 【懇親会】北館 ファカルティクラブ

プログラム:

16:30〜                   「受付開始」

17:00〜17:14             「開会」

17:14〜17:20-25         「来賓の挨拶」

17:20-25〜17:45         「プロジェクトアップデート」(共同代表・稲見)

                「CiP協議会」(CiP協議会事務局長 高橋竜之介様)

           「ブラインドサッカー」(日本ブラインドサッカー協会事務局長松崎様)

                「超人スポーツハッカソン」(事務局・安藤)

               「文化祭」(事務局・安藤)

               「ワークショップコレクション」(事務局長・南澤)

               「第一回超人スポーツ運動会」(事務局長・南澤)

17:45〜18:55            「パネルセッション」テーマ「超人スポーツの現実と創造」

           小説家 /「攻殻機動隊 新劇場版」脚本

         冲方 丁 様

           株式会社ファンワークス 代表取締役

         高山 晃 様

           明和電機 代表取締役社長

         土佐 信道 様

           慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 准教授 / 超人スポーツ協会・理事

         石戸 奈々子

           東京大学大学院情報学環 教授 / 超人スポーツ協会・共同代表

         暦本 純一

         モデレーター:中村 伊知哉

18:55〜19:00       「閉会」

http://www1.gsec.keio.ac.jp/text/about_access.php

会費:【設立シンポジウム】無料  / 【懇親会】5000円/人(予定)

お申込み方法:http://superhuman-sports.org/150602_info/
上記登録フォームよりお申込みください。

申込フォームからのお申し込みが難しい場合は、
件名:「150602_超人スポーツ協会設立イベント申込み」
本文:・お名前 ・企業名 ・所属部署 ・メールアドレス ・懇親会への参加(有/無)
をご記入いただき、超人スポーツ事務局 [contact[at]superhuman-sports.org] へメールにてお申し込みください。

 

 

超人スポーツとは?

Superhuman Sportsは、いつでも、どこでも、誰もが楽しむことができる新たなスポーツを創造するためのチャレンジです。人間の能力を補綴・補強・拡張可能なAugmented Human技術に基づき、皆が個々人の身体的な能力の差など目立たなくなるくらい超人的な力を身につけることで、同じ超人(Superhuman)同士として一緒のフィールドで競い合う、人間と機械が融合した「人機一体」の新たなスポーツを創造します。

 


RECOMMEND

ARCHIVES

TAG