ファンワークス

講演情報


≪クリエイティブ分科会/オンライン・トーク・セッション≫
 ~「産学連携によるキャラクター&コンテンツ戦略」~

 

日時:12月3日(木)16時〜18時(オープン/15時45分)

@オンラインセミナー(Zoom)

【登壇者】
細井浩一 (立命館大学映像学部教授/アート・リサーチセンター長)
門馬昌道  (女子美術大学キャリア支援センター担当部長 /特別招聘教授)

【進行】
陸川和男(株式会社キャラクター・データバンク 代表取締役社長)
高山晃(株式会社ファンワークス 代表取締役社長)

 

 2020年最後となるトークセッションは「産学連携」をテーマに開催します。
京都を拠点に映画、ゲーム、漫画、日本文化などの様々な産学公連携、日本文化、ゲーム
などの研究拠点構築など、各分野と連携した唯一無二な活動を展開されている立命館大学映像
学科教授 細井浩一様。サンリオの経営企画室、人事などで採用、社員教育に関わった後、サン
リオなどの有名キャラクターデザイナーを多数輩出するなどキャラビズ業界ともゆかりの深い
女子美術大学キャリア支援センター担当部長 門馬昌道様をゲストに迎え、キャラクターデータ
バンク陸川和男様、ファンワークス高山にてトークセッションを執り行います。

 

アカデミックの枠組みを軽快に越境し、クリエイティブ、ビジネス、座組など複雑な要素が絡
み合うキャラクター&コンテンツビジネス業界、政府から地方まで幅広い行政機関、伝統工芸
など様々なプレイヤーとの連携を実践されているお二方のご経験は、新型コロナは収束せず、
なかなか明確な出口が見えないキャラクター&コンテンツ業界において「次なる一手」を模索
する上での重要なヒントが多く内包されており、「全ての産業界においての大きな希望のひとつである学生たちのゲートウェイと成り得るか?」という試金石として今回のテーマを捉えております。 奮ってご参加くださいませ!

 

========================================
タイトル:「産学連携によるキャラクター&コンテンツ戦略」
日時:12月3日(木)16時〜18時(オープン/15時45分)
会場:オンライン(ZOOM)での開催
出演:細井浩一 (立命館大学映像学部教授/アート・リサーチセンター長)
門馬昌道  (女子美術大学キャリア支援センター担当部長 /特別招聘教授)
進行:陸川和男(株式会社キャラクター・データバンク 代表取締役社長)
高山晃(株式会社ファンワークス 代表取締役社長)
会費:無料
申込締切:12/1(月)

申込方法:下記URLよりお申込みください

https://pro.form-mailer.jp/fms/ba14d551210728

※本イベントはZOOMでの開催となっております。PC、スマホなどでご参加ください。
お申し込みいただければ、事務局よりご招待URLなど送付させていただく予定です。
開催における具体的なプロセスは参加希望者に メールなどでお知らせさせていただきます。
========================================

 

【ゲストプロフィール】
~細井浩一 (立命館大学映像学部教授/アート・リサーチセンター長)~
専門は文化資源経営学。立命館大学アート・リサーチセンターおよび同ゲーム研究センターに
おいて産学公連携の様々な研究プロジェクトに取り組む。文部科学省国際共同利用・共同研究
拠点拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ国際共同研究拠点」拠点長、文化庁「メディア
芸術連携基盤等整備推進事業」企画委員長なども務める。主な著書に『ファミコンとその時代』
(NTT出版)、Gaming Simulations and Socity (Springer)などがある。

 

〜門馬昌道  (女子美術大学キャリア支援センター担当部長 /特別招聘教授)〜
株式会社サンリオに36年間勤務し、経理部、アメリカ子会社出向、経営企画室を経た後に長く
人事課で採用・社員教育に携わる。2017年より女子美術大学。学生のキャリアのサポートをす
ると共にキャリア形成の授業を受け持ち、学生一人ひとりの感情報酬にスポットを当てた指導
に力を入れている。

 

~陸川和男(株式会社キャラクター・データバンク 代表取締役社長)~
一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会 専務理事
産業能率大学 コンテンツビジネス研究所 客員研究員
広告・マーケティングの専門誌の編集者、マーケティング会社の研究員等を経て、2000年7月、
株式会社キャラクター・データバンク(CDB)設立。CDB事業の統括を行うかたわら、キャラクタービジネスのアナリストとしてTV・新聞・雑誌等
でのコメンテーターや執筆、講演活動なども行う。

 

~ 高山晃(株式会社ファンワークス 代表取締役社長)~
一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会クリエイティブ分科会理事
2005年、ファンワークス設立。WEBアニメ「やわらか戦車」を皮切りに「がんばれ!ルルロロ」、「ざんねんないきもの事典」、「大家さんと僕」、「おばけずかん」等のショートアニメによるTVシリーズ。サンリオ原作「アグレッシブ烈子 -Aggretsuko-」(Netflix)。劇場用映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」など、国内外の多岐に渡るキャラクターアニメーション作品のプロデュースに関わる。

 

 

※弊社高山が理事を務めるCBLA(キャラクターブランドライセンス協会)クリエイティブ分科会では、本年「クリエイティブ&ネットワーク」をテーマに、会員のネットワーク、展開などをサポートするような活動を予定しております。




【6日(月)応募締切!】

≪CBLAクリエイティブ分科会/オンライン・トーク・セッション≫

 ~WITHコロナ〜AFTERコロナ キャラクター&コンテンツのクリエイティブ戦略~


【登壇者】

水野和寛(株式会社クオン 代表取締役社長)

陸川和男(株式会社キャラクター・データバンク 代表取締役社長)

アイザワダイキ(LEMONA DESIGN株式会社 代表取締役/アートディレクター)

進行:高山晃(株式会社ファンワークス 代表取締役社長)

日時:7月10日(金)16時〜18時(オープン/15時45分) @オンラインセミナー(Zoom)

2020年6月19日

 

 

2020年、突如、発生したCOVID-19は世界の暮らし、価値観、働き方などを激変させました。

キャラクター&コンテンツ業界においても例外ではなく、売り場、イベント、海外ビジネスなど様々な分野で影響が出てますが、そんな中、この事態を変革のタイミングととらえ「ニューノーマル」を見据えたロードマップを描く人々も生まれてます。

今回、「グローバル&デジタル」を旗印にキャラクター&コンテンツ業界でアグレッシブなプロジェクトを次々と立ち上げている㈱クオンの水野社長をゲストに迎え、CBLAの理事とのオンライントークセッション(Zoomを使用)を開催します。

AFTERコロナにおける皆様の「次の一手」を踏み出すキッカケになる様な内容になればと思います。

この度のトークセッションはCBLA会員向けに企画しましたが「30名限定」でファンワークス&高山の関係者の参加枠をいただきました。ご興味ある方はぜひ、下記の応募フォームよりご応募ください。(備考欄に「ファンワークス関係者」と記載いただけると幸いです。)奮ってご参加くださいませ!

=========================

タイトル:WITHコロナ〜AFTERコロナ キャラクター&コンテンツのクリエイティブ戦略」

日時:2020年7月10日(金)16時〜18時(開場15時45分)

会場:オンライン(ZOOM)での開催

出演:水野和寛(株式会社クオン 代表取締役社長)

陸川和男(株式会社キャラクター・データバンク 代表取締役社長

アイザワダイキ(LEMONA DESIGN株式会社 代表取締役/アートディレクター)

進行:高山晃(株式会社ファンワークス 代表取締役社長)

会費:無料

申込方法:下記URLよりお申込みください

https://pro.form-mailer.jp/fms/024b322d199087

※本イベントはZOOMでの開催となっております。PC、スマホなどでご参加ください。

お申し込みいただければ、事務局よりご招待URLなど送付させていただく予定です。

開催における具体的なプロセスは参加希望者に メールなどでお知らせさせていただきます。

=========================

 

【ゲストプロフィール】

~水野和寛(株式会社クオン 代表取締役社長)~

キャラクター開発&マーケティング企業「株式会社クオン」のCEO。ネット発のキャラクター開発にフォーカスし、世界中のチャットアプリでスタンプを配信し、

ダウンロード数は累計35億件(世界一)。そのほかにも、TikTok等の短尺動画、Twitter等のSNS等、7言語9SNSでキャラクター発信中。

ベタックマ、うさぎゅーん、ビジネスフィッシュ等。韓国発で越境ECサイトも展開中。

東京、上海、バンコクに支社(ベトナム支社設立準備中)。ネット発で世界一愛されるキャラクター会社を目指す。元雑誌編集者。

 

 

~陸川和男(株式会社キャラクター・データバンク 代表取締役社長)~

一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会 専務理事

産業能率大学 コンテンツビジネス研究所 客員研究員

広告・マーケティングの専門誌の編集者、マーケティング会社の研究員等を経て、2000年7月、株式会社キャラクター・データバンク(CDB)設立。

CDB事業の統括を行うかたわら、キャラクタービジネスのアナリストとしてTV・新聞・雑誌等でのコメンテーターや執筆、講演活動なども行う。

 

 

~アイザワダイキ( LEMONA DESIGN株式会社 代表取締役/アートディレクター)~

一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会クリエイティブ分科会理事

企業、教育機関、商品等のブランディングに関わる各種デザインをはじめ、イラスト、アニメーション、WEB構築までトータルで手掛ける。

オリジナルキャラクター「レモン&シュガー」を国内外に展開中。

2013年、ほけんの窓口マスコット公募にて「イイトコドリ」がグランプリ採用。

2017年、台湾文化庁「Talent100」に選出。同年「レモン&シュガー」がAnime Expo(L.A.)のゲストに選出。Toon Boom 2020 アンバサダー。

 

 

~ 高山晃(株式会社ファンワークス 代表取締役社長)~

一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会クリエイティブ分科会理事

2005年、ファンワークス設立。WEBアニメ「やわらか戦車」を皮切りに「がんばれ!ルルロロ」、「ざんねんないきもの事典」、「大家さんと僕」等のショートアニメによるTVシリーズ。サンリオ原作「アグレッシブ烈子 -Aggretsuko-」(Netflix)。劇場用映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」など、国内外の多岐に渡るキャラクターアニメーション作品のプロデュースに関わる。

 

※弊社高山が理事を務めるCBLA(キャラクターブランドライセンス協会)クリエイティブ分科会では、本年「クリエイティブ&ネットワーク」をテーマに、会員のネットワーク、展開などをサポートするような活動を予定しております。


RECOMMEND

ARCHIVES

TAG