ファンワークス

NEWS


sika-300x168

 

株式会社ファンワークス(本社:東京都渋谷区/代表取締役 高山晃)は「SIKA」アニメプロジェクト(文溪堂/日本コロムビア/ラシックM.D)製作によるフィンランドの女流絵本作家、ユリア・ヴォリの絵本「SIKA」(シカ:フインランド語でぶた)のアニメーションを制作、9月1日(日)よりキッズステーションで放送が開始されます。

 

本作は、フィンランドで幅広い活躍をしている女流絵本作家Julia Vuori(ユリア・ヴォリ)が描き、北欧最大の発行部数を誇る新聞社 ヘルシンキ・サノマット誌に掲載され大きな反響を呼んだ「SIKA」(シカ)が原作です。彼女はフィンランド外務省のプロジェクトポスターやマスコットキャラクターを手掛けるなど、幅広い分野で活躍し、広い世代に渡り人気を得ているアーティストです。

 

制作スタッフには「がんばれ!ルルロロ」(NHK Eテレ)に参加した松井久美を監督に、そして音楽は新進気鋭のコンポーザー羽深由理(ドラマ「ATARU」、「カラマーゾフの兄弟」など)を迎え、女性中心の若手クリエイターたちが絵本の世界観を忠実に再現しつつ、ちょっと不思議な雰囲気を醸し出した 色鮮やかで美しいショートアニメーションに仕上がりました。

 

<ご視聴はこちら!>

 

 

 

✤オンエア情報✤
それぞれの話が期間中ランダムに放送されます。
どの時間かはお楽しみ!

 

第1話 9月1日〜9月30日迄
第2話 10月1日〜10月31日迄

第3話 11月1日〜11月30日迄

1、2、3 話を12月〜3ヶ月間に渡って放送
また、アニメ化に伴い 出版(絵本)、ソーシャルメディアを連携させたプロモーションで新たな商品化を強力に推進してまいります。

 

Official Facebook
https://www.facebook.com/SIKA.anime

 

『SIKA』誕生15周年プロジェクト

2001年ボローニャ・ラガッツィ賞受賞の絵本が美しいアニメーションになりました!

 

 

✤「SIKA」(シカ)とは? ✤

SIKAとはフィンランド語で「ぶた」を意味します。

 

洗練された色使いと、キュートで愛らしい「SIKA」とその仲間達が繰り広げる都会的でシュールな日常生活。「SIKA」は、日本でも翻訳されるやいなや たちまち若い女性たちに大きな反響を呼びました。SIKAは時々憂鬱になったり、孤独にさいなまれて涙をこぼしたりしても、最後はちゃんとリラックスして立ち直る楽天家。そしてSIKAの周りを彩る仲間たちも、小さな体いっぱいに等身大の悩みを抱えながらも、日々一生懸命に、そしてちょっとユーモラスに過ごしています。そんなところが大人の女性たちの共感を呼んでいます。

 

✤日本では✤

 

文溪堂より2001年に絵本「ぶた」の発売を皮切りに、シリーズ4冊が出版されています。

また近年ではKids向けの「色、数、きもち、好きなこと」など遊びながら知的な要素を盛り込んだ「ぶた」絵本シリーズ(既刊4冊)にも力を入れています。

大好評「SIKA」展

2008年ジェイアール京都伊勢丹美術館「えき」にてユリア・ヴォリ絵本原画展開催。

2011年~2013年春「島田ゆか&ユリア・ヴォリ」絵本原画展を松屋銀座店をはじめ 国内有名百貨店、美術館6会場で開催され好評を博しました。

 

✤「SIKA」アニメ化に伴いMDを強化✤

 

本年は「SIKA」誕生15周年にあたります。これを機に「SIKA」ブームを日本から発信します。

流行に敏感な10~20代の女性をメインターゲットとして、「絵本の中」だけでなく

彼女たちを取り囲むメディアやライフスタイルに密着した生活シーンへSIKAを露出することにより

「ユーザーに寄り添った身近なキャラクター」を目指します。(版権元:ラシックM.D)

 

✤本件に関するお問い合わせ先✤

株式会社ファンワークス
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-38-1 JP-4ビル202
TEL: 03-5772-7210 FAX:03-5772-7205

 

http://www.fanworks.co.jp/

 

株式会社ファンワークス on Twitter (フォロー大歓迎です!)

 

http://twitter.com/Fanworks_Inc

 

 

✤MDに関するお問い合わせ先✤

ラシックM.D株式会社
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-7-304

 

TEL: 0422-24-7564 FAX:0422-24-7574

gazou1


RECOMMEND

ARCHIVES

TAG