ファンワークス

NEWS



「日本キャラクター大賞2019」グランプリ受賞!
7周年を迎えた、すみっこを愛する“すみっコ”たちが劇場アニメーションで動き出す!

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』
ティザービジュアル&特報 初お披露目!
劇場公開日は11月8日(金)に決定!


「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」
ティザービジュアル

 

先日劇場アニメ化を発表した人気キャラクター「すみっコぐらし」劇場アニメーションの正式タイトルが「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」へと決定、特報とティザービジュアルを公開、映画公式WEB&Twitterが開設されました。また合わせて劇場公開日も11月8日(金)と決定いたしましたので、お知らせさせていただきます。

 

「すみっコぐらし」は2012年に、たれぱんだ、リラックマなどで知られる 「サン
エックス株式会社」から発売された大人気キャラクター。 さむがりの“しろくま”や、自信がない“ぺんぎん?”、食べ残し(?!)の“とんかつ”、恥ずかしがり屋の“ねこ”など、個性的なキャラクターが多数登場、それぞれにすみっこを好んでいます。 たまにポジティブ、ちょっとネガティブ。 まるくて柔らかなフォルムと、本作品ならではのストーリー展開で、 子どもから大人まで年齢・性別を超えた多くの人の心をとらえ、7周年を迎える今年「日本キャラクター大賞 2019」でもグランプリを受賞。いまもっとも勢いのあるキャラクターとして話題になっています。

 

今回の劇場アニメでは“すみっコぐらしチーム完全監修”の新作ストーリーで、”絵本の中に連れて行かれたすみっコたちの大冒険”を描き、スペシャルな衣裳やアイテムとともに登場。さらに劇場版ならではの魅力的な新キャラクターも登場し、活躍を繰り広げます。

 


この度、正式タイトルと劇場公開日の決定に伴い、特報映像&ティザービジュアルを公開。
特報では動くすみっコたちの姿を初お披露目!

お気に入りの喫茶店の地下室に隠された不思議な絵本、すみっコたちがそこに吸い込まれて行くさまが映され、ここからすみっコたちの新しい物語が始まる期待感に溢れた映像に仕上がっています。
そしてティザービジュアルは、絵本のすみっこに並ぶすみっコたち、さらにページ隅に気になる新キャラクター(?)がチラッと顔を見せた愛らしいビジュアルとなっています。

 

特報映像 URL:https://youtu.be/aHsusb5Ttnk

 

すみっコたちの大冒険を描くのは、「磯部磯兵衛物語」「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」のまんきゅう監督。脚本は「銀河銭湯パンタくん」「タクシードライバー祗園太郎」の角田貴志(ヨーロッパ企画)。アニメーション制作は「がんばれ!ルルロロ」「アグレッシブ烈子」のファンワークス。この度、まんきゅう監督と脚本の角田さんよりコメントが届きました。

 

監督:まんきゅうさん コメント

アニメ業界の「すみっこ」にいる自分が、本作の監督をやらせて頂く運びになり、非常にご縁を感じております。「すみっコ」たちの魅力を原作ファンの皆さんはもちろん、たくさんの方々に伝えられるように、スタッフ一同「すみっコぐらし」と日々向き合っています。公開日を楽しみにしていて下さい!

 

脚本:角田貴志(ヨーロッパ企画)さん コメント

「すみっコたちが映画になってくれるのか?

はじめは少し心配でしたが、みんなで一から考えて、想像以上の冒険…いや、大冒険になりました。

いつもどおりのすみっコたちを、いつもとちょっとちがうすみっコたちをお楽しみください」

 

また、映画公式WEBサイトと映画公式TwitterもOPEN。
ここではビジュアルや特報ほか最新情報をお届けします。
さらに、7月12日(金)からは特典付前売り券(ムビチケ)第1弾も全国の劇場にて発売。「映画すみっコぐらしパズルキーホルダー【第1弾】ひみつのコver.」が付属します。
同じくパズルキーホルダーの第2弾が9月に発売が予定されています。

【あらすじ】

 

いつもの喫茶店、いつものすみっこ。その地下室に隠された、ふしぎな絵本とは・・・?

 

ある日の午後、お気に入りの喫茶店「喫茶すみっコ」へとやってきたすみっコたち。おなかをすかせて注文した料理を待っていると、突然、地下室から物音が。

「地下室のすみっこに誰かいる・・・?」みんなで中に入って行くと、そこには一冊のとびだす絵本。ひどくボロボロで、ページの大事なところがなくなっている。桃太郎のお話のページには背景があるだけで、おじいさんもおばあさんもいない。

すると突然、大きな影が現れて、えびふらいのしっぽが絵本にすいこまれてしまう!

すみっコたちがおっこちた物語の世界にいたのは・・・新しいすみっコなかま?

 

【映画すみっコぐらし情報】
作品名:映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
※「映画」と「ぐらし」の後ろは半角アケ
公開表記:11月8日(金)全国ロードショー
コピーライト:©2019日本すみっコぐらし協会映画部

 

【映画スタッフ情報】
原作:サンエックス
監督:まんきゅう
脚本:角田貴志(ヨーロッパ企画)
美術監督:日野香諸里
アニメーション制作:ファンワークス
配給:アスミック・エース

 

【映画すみっコぐらし公式サイト】 URL: sumikkogurashi-movie.com
【映画すみっコぐらし公式Twitter】 アカウント名: @sumikko_movie

 

 

<アニメーションに関するお問い合わせ>

株式会社ファンワークス
TEL:03-5341-4971



 

 

株式会社ファンワークス(東京都渋谷区、代表取締役社長 高山 晃)がアニメーション制作に参加してきた「兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走-」について、第3期となる「兄に付ける薬はない!3-快把我哥帯走3-」の制作にも参加し、日中両国で放送・配信されることが決定しましたのでお知らせします。
中国では2019年8月からテンセントが運営する動画配信プラットフォームTencent Videoにて先行配信し、日本国内では2019年10月7日(月)からTOKYO MX1にてTV放送する他、動画配信プラットフォーム各社にて配信する予定です。

 

本作は、学園ライフをコミカルに描き、中国では累計約30億回の再生回数を誇る人気WEB漫画「快把我哥帯走」を原作としたもので、イマジニア株式会社が、中国の大手IT企業であるTencent Penguin Pictures(英語名)との取り組みによりアニメ化をスタート、株式会社ファンワークスもアニメーション制作に参加し、2017年春に1期を、2018年夏に2期を日中両国で放送・配信しました。
昨年中国では、同原作を元に制作されたネットドラマがTencent Videoで配信された他、実写映画も上映され(興行収入3.75億元)依然として高い人気を得ています。

 

好評を受けて制作を決定した第3期は計12話で、原作の内容だけではなく笑えるオリジナルエピソードも満載です。
1、2期同様、脚本、監督は「やわらか戦車」、「英国一家、日本を食べる」、現在「アグレッシブ烈子」の2期がNetflixで配信開始したばかりで、海外を中心に話題沸騰中のラレコが担当しています。

 

※3期場面カット

 

■アニメ概要
▼原作
快把我哥帯走(原作者:幽·霊)

 

▼アニメタイトル
中国語タイトル:快把我哥帯走3
日本語タイトル:兄に付ける薬はない!3-快把我哥帯走3-

 

▼日本での放送情報
TOKYO MX1にて2019年10月7日(月)21時54分より放送開始

 

▼スタッフ
脚本・監督:ラレコ
プロデュース:Tencent Penguin Pictures(英語名)
アニメーション制作:イマジニア株式会社/株式会社ファンワークス/Planet Cartoon(英語名)

 

▼キャスト
時分:中村悠一、時秒:雨宮天、開心:小野賢章、万歳:花江夏樹 他

 

▼ストーリー概要
中国での合計閲覧数が約30億回の人気Web漫画のアニメ化。
バイオレンスな妹が…おバカな兄を殴る蹴る!?
兄弟愛!恋!グルメ…? 全部入りの学園コメディ。

 

▼著作権表記
©Tencent. All Rights Reserved.


RECOMMEND

ARCHIVES

TAG