ファンワークス

NEWS


株式会社ファンワークス(本社:東京都渋谷区/代表取締役 高山晃)は、2014年8月に、NHK総合テレビにて放送される『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』のアニメーション制作を担当することが決定しました。

 

ギャグマンガ界の鬼才・おおひなたごうによる、カルト的人気を誇る異色のグルメマンガ『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』をフラッシュアニメ界の鬼才・ラレコが、原作のタッチを大事にしながら、劇画タッチのFlashアニメーションで描きます。

 

ファンワークスは、『ガッ活!』(NHK Eテレ)や『やわらか戦車』、『ちーすい丸』など今までも多くのラレコ作品を手がけ、また、『がんばれ!ルルロロ』(NHK Eテレ)、『超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューターつかさ』(NHK Eテレ)といったニュータイプのアニメ作品を続々とリリースしています。安定したギャグをテンポよく盛り込んだ原作と、今までのラレコ作品にない秀逸なタッチで送るアニメーションが、くだらないけれどじわじわとくる、癖になる笑いをお届けします!

12dc7da926b1b40f5c91267d1f14076d

©おおひなたごう・KADOKAWA/NHK・NEP

 

番組のテーマは、「食」!しかし、昨今のグルメブームでよくある食材や調理にスポットをあてた作品ではありません。「そこを気にするのか!?」と突っ込みたくなるような“食べ方”にスポットをあて、十人十色の食べ方に苦悩する主人公をコミカルに描きます。

 

また、アニメに加えて、食堂、レストラン、学食などを実際に訪れ、お題となる食べ物が実際にはどのように食べられているのか探求する実写コーナーもあります。「これ、あるある!」「イヤ、ありえない!」など、見れば家族や友人と話が盛り上がること間違いなしの新感覚のグルメアニメ番組です。

4b47f9c160153bd5afc017237d2888cb

©おおひなたごう・KADOKAWA/NHK・NEP

 

■ 『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』とは?

主人公・田宮丸二郎は恋人のみふゆと初めての朝を迎える。幸せな気持ちをかみしめていた二郎だったが、朝食の「目玉焼き」が衝撃の事態を引き起こす!二郎がいつも通り、つぶした黄身に醤油をたらし、白身と付け合わせをからめて食べていると、目の前で信じられないことが起きた…!彼女が黄身をつぶさずにまわりの白身から食べていき、最後に残った黄身だけを口に放り込むという荒技を披露したのだ! 彼女の食べ方に、思わず口をついて出てしまった言葉は「お前…バカか?」 気がついた時には、みふゆはいなかった―――。この日を境に、食べ方の違いが気になってしょうがない二郎の、バカバカしくも、真剣で、ちょっとコミカルな日々が始まる!

 

■ オンエア情報

放送予定:2014年8月 NHK総合 (25分✕全4回)

 

■ 原作

おおひなたごう『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』

(株式会社KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニー)

 

■スタッフ

アニメーション監督:ラレコ(『ガッ活!』『やわらか戦車』ほか)

アニメーション制作:ファンワークス

制作協力:ジーズ・コーポレーション

制作:NHKエンタープライズ

制作・著作:NHK

 

■ おおひなたごう プロフィール

東京都在住のギャグ漫画家。『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』(コミックビーム)、『特殊能力アビル』(TV Bros.)、『忘れ物の神さま』(office You Website)を連載中。また、京都精華大学マンガ学部ギャグマンガコース特任教員も務める。

 

■ ラレコ プロフィール

茨城県在住のFlashアニメクリエイター。ネット発のオリジナルキャラクターアニメ『やわらか戦車』で文化庁メディア芸術祭「日本のメディア芸術100選」のエンターテイメント部門1位を獲得。『くわがたツマミ』、『やわらかアトム』、『ちーすい丸』(日テレ)、『ガッ活!』(NHK Eテレ)など、コンスタントにキャッチーなアニメ作品を発表している。


RECOMMEND

ARCHIVES

TAG