ファンワークス

NEWS


株式会社ファンワークスがアニメーション制作を担当する「英国一家、日本を食べる」が、大型連休中に下記の通り、再放送をする予定です。

 

<総合>5月2日(土)午後4:05~4:25(20分)
第3話「日本料理の神髄」
マイケルは、料理学校の経営者で「日本料理界の重鎮」とも呼ばれる「鬼塚」を取材。最初は緊張していたマイケルだがその熱心さを気に入られ、鬼塚が審査委員長を務める料理大会の見学に招かれた。「だしの取り方」をはじめ、マイケルはプロの料理人たちの手際の良さに感心。果たして、鬼塚がくだす審査の結果は?

 

<総合>5月5日(火)午前9:45~10:00(15分サイズ)
第1話「新宿・思い出横丁」
日本料理の魅力にとりつかれ、自分の舌で確かめようと日本にやってきたフード・ライターのマイケルとその家族。さっそく向かったのは、安くておいしいものが見つかると聞いた新宿・思い出横丁だ。薄暗い路地に飲食店が密集する光景に一瞬たじろぐが、甘辛ソース味の焼きそば、長年つぎ足した濃厚なタレの焼き鳥を味わううちに…。マイケルたちは、最初の晩からディープなニッポンを体験!?

 

<総合>5月6日(水)午前9:45~10:00(15分サイズ)
第2話「最高の天ぷら」
東京で一番という天ぷら店を探し、地図をたよりに休日のビジネス街を歩くマイケルたち。道に迷いながらやっとたどりついたその店で出された天ぷらは、外はカリっとしているのに中はふわっとしていて、評判通りのおいしさだった。このすばらしい食感はどのように生まれるのか?マイケルは店主に質問をぶつけていく!

 

*第1話と第2話はアニメーションのみの15分での放送になります。

0102-e1430452826385

 

詳細はこちら!
http://www.nhk.or.jp/anime-blog/260/215756.html

 

『英国一家、日本を食べる』とは?
取材のため、パリの名門料理学校で本格的な料理修行に励んでいたマイケルは、ある日、日本料理に関する一冊の本を手にして、すっかりその魅力に取りつかれてしまった。本場の味を自分の舌で確かめないと気が済まないマイケルは、妻リスンと二人の子どもアスガーとエミルを連れ、衝動的に日本行きの飛行機へ飛び乗る。日本に到着した初めての夜、彼らが向かったのは新宿「思い出横丁」。そこで生まれて初めて“ふやけたミミズ”のような「焼きそば」を噛みしめてマイケルは思う。「癖になる味だ…」。相撲部屋の「ちゃんこ」のスケールに圧倒され、北海道の「カニ」の食感に病みつきになり、高級料理屋の出し汁のうま味に衝撃を受ける。さらに、鯖鮨、豆腐、お好み焼き、たこ焼き、ラーメン、わさび、醤油、味噌、日本酒…日本のあらゆる料理や食材を英国一家が食べ尽くす!!

 

■本件に関するお問い合わせ先■
株式会社ファンワークス

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-38-1 JP-4ビル202
TEL:03-5772-7210  FAX:03-5772-7205
【HP】http://www.fanworks.co.jp/
【Facebook】https://www.facebook.com/fanworks?ref=hl
【twitter】http://twitter.com/Fanworks_Inc


RECOMMEND

ARCHIVES

TAG