News

最新情報

CryptoNinja

web3時代のアニメ制作委員会『CryptoAnime Labs』始動。初期ラボメンバー・パスポートNFT購入の事前申込開始

制作アニメ第1弾は日本発の人気NFT作品「CryptoNinja(クリプトニンジャ)」。

メインキャラクタービジュアル初公開

 

株式会社ファンワークスは、一般社団法人オタクコイン協会、株式会社ツクリエ、株式会社THE BATTLE、合同会社日本の田舎は資本主義のフロンティアだ と共同で、web3時代のアニメ”制作”委員会『CryptoAnime Labs(以下当組織)』の共同設立を発表しました。当組織はweb3文脈に沿って、クリエイターと世界中のファンやコミュニティが一体となってNFT発のアニメ制作の新しい方式を設計し、これまでとは異なるアプローチで世界中にアニメ作品を届ける仕組みを確立します。また、当取り組みに参加できる『初期ラボメンバー・パスポートNFT(以下パスポートNFT)』購入の事前申込(選抜方式)を開始します。制作アニメ第1弾は、世界に先駆け本年1月に制作が発表された、日本発の人気NFT作品「CryptoNinja(クリプトニンジャ)」です。今回のアニメーション制作はファンワークスが担当します。

 


 

『パスポートNFT』購入の事前申込URL(選抜方式):

https://forms.gle/AxY4msDQhvdAjBFi8

 

■『CryptoAnime Labs』について

当組織は「web3時代のアニメ制作委員会」をコンセプトに掲げ、アニメ制作やNFT開発のプロフェッショナルメンバーが集まり「LLP(有限責任事業組合)」を組成しています。これまでのクローズドな「製作委員会方式」では実現が難しかった、web3時代のオープンなアニメ制作資金の調達や、資金使途・アニメ制作のプロセスを透明化しながら、ファンのみなさまとともにアニメ作品を世界中に広める支援活動を行っていきます。

 

■ 既存のアニメ製作と私たちのアニメ制作

典型的な1クールアニメ(25分×12話)はおおよそ3〜5億円という大きな予算をかけて制作が行われています。しかしながら、アニメ配信数が1シーズン50本前後と言われているなかで、赤字にならず大きな利益をあげられることは稀です。これまでのアニメづくりは10本〜30本に1本、市場を席巻するヒット作品が生まれるかという状況で、非常にボラティリティの高いビジネスとなっています。関係各社が各々に自社サービスとのシナジーを設計する形で分散的に投資を行い、「中・長期的にみて黒字」という状態を相互に創出しながら維持・発展していくという構造になっています。

 

こうした「製作委員会方式」のもとで生まれてきた素晴らしい作品は多数存在しています。ただ、1990年代から続くこの方式は、それ以降に発達したインターネット・SNSやweb3・ブロックチェーンといったテクノロジーを前提とした仕組みではありません。今回、当組織はアニメ制作における資金調達の別の選択肢を世の中に提案するため、新たな仕組みを考案しました。web3時代の新しいテクノロジーを駆使し、日本発の優れたアニメーションを世界中に届け、広く流通をさせることで、作品づくりにまつわるクリエイターや関係者たちの真のクリエイターエコノミー=金銭的な還元のサイクルが生み出せると確信しています。

 

■ 「web3時代のアニメ制作委員会」の仕組み

「web3時代のアニメ制作委員会」は、NFTを活用して直接的にアニメ制作にまつわるクリエイターや関係者たちに金銭的な支援・応援ができる”クラウドファンディング2.0”ともいうべきサービスです。

 

具体的には、Webサイト上で『パスポートNFT』と『手裏剣NFT』の2つのNFTを活用したサービスです(『手裏剣NFT』は第1弾「CryptoNinja(クリプトニンジャ)」専用のNFTとなり、アニメ作品ごとに名前やビジュアルは変化します)。「web3時代のアニメ制作委員会」の一員である『パスポートNFT』を保有するラボメンバーたちが、個々に応援したいアニメ作品や作品ごとの個別企画へ『手裏剣NFT』を投じる(ステーキングする)ことで、そのアニメ作品のファンの意思と金銭的支援先を直接反映できる仕組みです。アニメ制作側視点では、2つのNFT販売などにより得られた資金で、よりリッチなアニメ制作や関連企画などを充実させることができます。

 

この『手裏剣NFT』の購入・使用量により、ラボメンバーが保有する『パスポートNFT』は次第に成長していきます。周りのアニメファンに対して、「自分がどれだけ『アニメ制作委員会』の一員として貢献できたか」といった熱量の可視化や、『パスポートNFT』の成長に応じた「限定特典NFTなどの特別な体験/還元」を受けることができます。これまで特定の法人だけに閉じた”アニメ製作委員会”によるアニメづくりを超えて、世界中のアニメファンなどの個人も参加でき、よりオープンなアニメ制作を実現し、アニメ作品に携わる関係者ひとりひとりへの持続可能な活動支援・還元モデルを目指していきます。

 

■ 『パスポートNFT』と『手裏剣NFT』の入手方法

ステップ① 上述の『パスポートNFT』購入の事前申込URLから応募を行い、『パスポートNFT』の購入権利=ホワイトリストを獲得してください(選抜方式となります/『パスポートNFT』は1枚あたり0.05ETH以下での販売を想定しています/応募状況を見ながら初期ラボメンバー数を決定します/『パスポートNFT』は譲渡・転売不可となります)

ステップ② ホワイトリストを持つ方のみ限定の販売=プライベートセールにて『パスポートNFT』のみの購入、もしくは『パスポートNFT』+『手裏剣NFT』とのセットにて購入できます(応募状況を見ながら『手裏剣』NFTの販売価格・販売数を決定します/一度使用(ステーキング)すると使用済みデザインに変更になります/一般販売=パブリックセールは行いません)

ステップ③ 特設サイトにて支援したい企画へ『手裏剣NFT』を使用(ステーキング)します(随時、『手裏剣NFT』の追加販売を予定しています)

ステップ④ 『手裏剣NFT』を使用(ステーキング)することで『パスポートNFT』が成長します。『手裏剣NFT』の使用量が一定数以上を達成すると、限定特典NFTの受け取りや、今後販売予定のNFTコレクションのホワイトリストの優先付与などの特別体験や特典を得られます

ステップ⑤ 支援したい企画がラボメンバーたちからの支援により、目標の手裏剣数に達成すると、企画が実施され、アニメ作品全体がファンと盛り上がることで、世界に広がっていきます

(以降、ステップ③へ戻り、さまざまな関連企画を本組織やラボメンバーたちで実現させていくことになります。なお、今後ラボメンバーは不定期で追加募集予定ですが、初期ラボメンバーの募集は今回限りとなります)

 

【『パスポートNFT』ホルダーのその他のユーティリティ】

①特典NFTの無料配布(エアドロップ)

②今後販売されるNFTのホワイトリストの優先獲得する権利

③公式Discordの『パスポートNFT』保有者限定チャンネルへのアクセス

(アニメの先行試写会や制作陣の限定配信への視聴権利など含む)

※ここに記載したユーティリティは一部であり、順次公開していきます

 

事前申込フォームURL:https://forms.gle/AxY4msDQhvdAjBFi8

 


 

■ CryptoNinja NFTとアニメーション作品について

 

「CryptoNinja」は、昨今のトレンドである自動生成されたNFTではなく、一枚一枚丁寧に描かれた国内屈指のNFTコレクションです。初期版は世界に50体のみの希少性の高い型で販売、将来的にゲーム化される可能性を見据えて、忍術、流派、武器などのパラメータが設定してあるなど、派生プロジェクトに繋がる設計が成されています。

 

そして今回はファンワークスにて現在制作中のアニメーションにおけるメインキャラクタービジュアルの初公開をいたしました。

左から『ネム・咲耶・シャオラン』

 


 

■ 『CryptoAnime Labs』参画法人について

・一般社団法人オタクコイン協会

オタクコイン協会は、日本のアニメ文化を世界に広げるため、ブロックチェーン技術をアニメ業界内への浸透・導入・活用を目指し、前身のオタクコイン準備委員会を含め、2017年12月よりアニメ文化発展のための活動を行ってきました。2022年初夏には人気フルオンチェーンNFTゲーム『Isekai Battle』のマーケティング・パートナーとして、企画やキャンペーンなどをサポートしています。

 

・株式会社ファンワークス

ファンワークスは、2005年に公開したウェブアニメ『やわらか戦車』を皮切りに『がんばれ!ルルロロ TINY☆TWIN☆BEARS』、『英国一家、日本を食べる』、『ざんねんないきもの事典』、『大家さんと僕』、『チキップダンサーズ』等、NHKでのテレビアニメシリーズなど多数のアニメを制作。2018年、サンリオ原作『アグレッシブ烈子(英語名:Aggretsuko)』がNetflixオリジナル作品として全世界配信。ワールドワイドな話題作となり、現在、第4シリーズが配信中。2019年11月、『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』の興行収入15億円に迫るヒットを経て、2021年11月第二弾『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』公開。2022年7月に『映画 ざんねんないきもの事典』を上映。

 

・株式会社ツクリエ

ツクリエは事業を作る皆さまを応援するプロフェッショナルとしての起業支援サービス事業と、価値を創造するクリエイターの皆さまを支援するクリエイティブ創造事業を中心に事業展開をしています。 起業を目指す方、起業家の方を支援するイベント企画や相談事業、アクセラレーションプログラムの開発から、起業家の方との協同事業、商品開発、総再生数800万回を超えるYouTubeドラマ『おやじキャンプ飯』などの事業プロデュースを行っています。株式会社THE BATTLEは、ツクリエが東京都から受託運営している創業支援施設「東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)」の入居企業になります。

 

・合同会社日本の田舎は資本主義のフロンティアだ

「日本の田舎は資本主義のフロンティアだ」を哲学とし、高知県の山奥から、NFT/Web3事業を展開。日本最大のWeb3系チャンネル「ikehaya Web3 Univ.」など、Web3関係のメディアの運営も手掛けている。「CryptoNinja」「Ninja DAO」Founderのikehayaが代表を務める。

 

・株式会社THE BATTLE

THE BATTLE は「従来の常識と戦う、Web3組織」として設立。コアメンバーは2018年からブロックチェーン領域で活動を開始、様々なクリエイティブディレクションを手掛けております。現在は人気NFT作品「CryptoNinja NFT」のアニメ化プロジェクトのほか、「Isekai Battle」「アニメバンク」「iconee」などのエンタメ×ブロックチェーンを主軸に、複数のプロジェクトに取り組んでいます。

 

 

 

 

関連URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000086122.html