ファンワークス

すみっコぐらし


「日本キャラクター大賞2019」グランプリ受賞!

祝7周年!初の映画化

すみっコたちが邦画第1位にとびだした!

満員御礼続出の”大ひっと”スタート‼

各レビューサイトでも軒並み満足度第1位を獲得

 

11月8日(金)より劇場公開した「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」が、11月9日・10日の国内映画ランキングにて邦画第1位を獲得しました(動員数・興行成績共に)。

洋画も含めた動員数ランキングは、大ヒット上映中の『ジョーカー』を押さえ第3位にランクイン。

114館の公開規模にも関わらず、11月8日(金)〜11月10日(日)までの3日間で、全国で動員数114,280人、興収132,873,500円を記録しました。

完売で満員となる回も続出し、大ヒットスタートとなりました。

子どもだけでなく大人からも絶賛の声が届き、映画の感想を募集するハッシュタグ「#映画すみっコぐらしおひろめ隊」では「ひたすら感動」「こどもと一緒に号泣」「不覚にも泣かされた」など、幅広い観客の方々の心を打つ物語に注目が集まり、早くも多くのリピーターにご来場いただいています。さらに映画パンフレットも予想を超える売れ行きで、物語を追体験できるノベライズ本などと合わせ、早くも重版出来となっております。

また、「Yahoo!映画」評価ランキング第1位、「Filmarks映画初日満足度ランキング」第1位(11月第2週)、「ぴあ映画初日満足度1位」(11月9日ぴあ調べ)を獲得。各レビューサイトで軒並み★4を超える高評価となっています。(11月12日時点)

今後11月13日(水)には、男性ファンに向けたイベント「ぼくらもすみっコ応援団!上映会」が新宿ピカデリーで開催されますが、このイベント回もすでに完売。さらに22日(金)には、「“すみっコたち、かわいい”って言い放題♡応援上映会」が同じく新宿ピカデリーにて開催。絵本の世界でがんばるすみっコたちを声に出して応援できる上映会であり、多くの”すみっコファン”の来場が期待されます。2週目、3週目に向け勢いを増す、「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」。今後の展開にも是非ご注目ください。

 

 

【あらすじ】
ある日すみっコたちは、お気に入りのおみせ「喫茶すみっコ」の地下室で、古くなった一冊のとびだす絵本をみつける。
絵本を眺めていると、突然しかけが動き出し、絵本に吸い込まれてしまうすみっコたち。絵本の世界で出会ったのは、どこからきたのか、自分がだれなのかもわからない、ひとりぼっちのひよこ・・・?
「このコのおうちをさがそう!」新しいなかまのために、すみっコたちはひとはだ脱ぐことに。絵本の世界をめぐる旅の、はじまりはじまり。

 

「すみっコぐらし」は2012年に、たれぱんだ、リラックマなどで知られる 「サンエックス株式会社」から発売された大人気キャラクター。それぞれにすみっこを好む個性的なキャラクターが多数登場。たまにポジティブ、ちょっとネガティブ。まるくて柔らかなフォルムと、本作品ならではのストーリー展開で、子どもから大人まで年齢・性別を超えた多くの人の心をとらえ、7周年を迎える今年「日本キャラクター大賞 2019」でもグランプリを受賞。いまもっとも勢いのあるキャラクターとして話題になっています。

今回の劇場アニメでは“すみっコぐらしチーム完全監修”の新作ストーリーで、”絵本の中に連れて行かれたすみっコたちの大冒険”を描き、スペシャルな衣裳やアイテムとともに登場。さらに劇場版ならではの魅力的な新キャラクターも登場し、活躍を繰り広げます。

本作のナレーションは、アニメ映画のナレーション初挑戦となる井ノ原快彦さんと、ナレーターとして多彩な作品で活躍し、2児の母親でもある女優の本上まなみさん。井ノ原さんと本上さんがお二人で、物語の語り部として、すみっコたちの冒険をやさしく見守ります。

主題歌は原田知世さんの「冬のこもりうた」(Universal Music)。冬の夜の情景を綴った心温まるバラードで、美しいメロディと、原田さんの優しい歌声ですみっコたちを包み込み、物語に花を添えます。

 

「映画すみっコぐらし きみもすみっコ?展」開催中! 2019年11月1日(金)~14日(木)
開催場所:西武渋谷店モヴィーダ館7階(無印良品の上) スペースJ
開催時間:午前10時~午後9時
料金:600円(税込)※チケットをお持ちのお客様1名につき、中学生以下2名まで同伴可能
URL: https://www2.myjcom.jp/special/event/spacej/event004.shtml

 

【作品情報】
作品名:映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
※「映画」と「ぐらし」の後ろは半角アケ
公開表記:大ひっと上映中!
コピーライト:©2019日本すみっコぐらし協会映画部【映画スタッフ情報】
ナレーション:井ノ原快彦、本上まなみ
主題歌:原田知世「冬のこもりうた」(Universal Music)
原作:サンエックス
監督:まんきゅう
脚本:角田貴志(ヨーロッパ企画)
美術監督:日野香諸里
アニメーション制作:ファンワークス
配給:アスミック・エース

【映画すみっコぐらし公式サイト】sumikkogurashi-movie.com
【映画すみっコぐらし公式Twitter】 @sumikko_movie

 

 

 

▽アニメーションに関するお問い合わせ

株式会社ファンワークス

TEL:03-5341-4971 FAX:03-5341-4972

〈公式ホームページ〉http://www.fanworks.co.jp/

〈公式Twitter〉 @Fanworks_Inc (フォロー大歓迎です!)




「日本キャラクター大賞2019」グランプリ受賞!
7周年を迎えた、すみっこを愛する“すみっコ”たちが劇場アニメーションで動き出す!

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』

井ノ原快彦と本上まなみが本作のナレーションに決定!

2人からコメントが到着!更にナレーション入りの本予告を公開!


 

劇場公開を11月8日(金)に控えた「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」。本作のナレーションを、歌手・俳優業のみならず、様々な番組の司会を務めるなど、老若男女から幅広く支持を集める、アニメ映画のナレーション初挑戦となる井ノ原快彦さんと、ナレーターとして多彩な作品で活躍し、2児の母親でもある女優の本上まなみさんが担当することが決定しました。井ノ原さんと本上さんがお二人で、物語の語り部として、すみっコたちの冒険をやさしく見守ります。

 

「すみっコぐらし」は2012年に、たれぱんだ、リラックマなどで知られる 「サンエックス株式会社」から発売された大人気キャラクター。さむがりの“しろくま”や、自信がない“ぺんぎん?”、食べ残し(?!)の“とんかつ”、恥ずかしがり屋の“ねこ”など、個性的なキャラクターが多数登場、それぞれにすみっこを好んでいます。たまにポジティブ、ちょっとネガティブ。まるくて柔らかなフォルムと、本作品ならではのストーリー展開で、子どもから大人まで年齢・性別を超えた多くの人の心をとらえ、7周年を迎える今年「日本キャラクター大賞 2019」でもグランプリを受賞。いまもっとも勢いのあるキャラクターとして話題になっています。

 

今回の劇場アニメでは“すみっコぐらしチーム完全監修”の新作ストーリーで、”絵本の中に連れて行かれたすみっコたちの大冒険”を描き、スペシャルな衣裳やアイテムとともに登場。さらに劇場版ならではの魅力的な新キャラクターも登場し、活躍を繰り広げます。

 

井ノ原快彦さんコメント:
今回アニメ映画のナレーションは初めてだったんですが、楽しい収録でした。まんきゅう監督とも息が合って、普段自分では使わないような声を引き出していただきました。
気になるキャラクターは、えびふらいのしっぽです。僕はいつも残さず食べるので、最後まで食べてほしいっていう願いを叶えてあげられるかなと思いました。
「こういうことってあるよなあ」とほんわかした気持ちになったり、時にはほろっとするような場面もあったり。家族揃って観て、感想を言い合えるような作品になっていると思います。

プロフィール:1976年5月17日生まれ、東京都出身。95年、V6のメンバーとしてCDデビュー。歌手活動以外にもドラマ・バラエティ・舞台など多岐に渡って活躍。2006年から「警視庁捜査一課9係」(~17年/テレビ朝日系)に出演。シリーズ続編となる「特捜9」(〜19年/テレビ朝日系)では主演を務める。現在は「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系)でMCを務めている。

 

本上まなみさんコメント:

動いているすみっコちゃんの姿にわくわくしながら、楽しく収録しました。実は私も、子どものころからの“すみっこ派”。壁とタンス、壁とソファの隙間なんかにきゅきゅっと挟まりじーっとしていたので、よく家族に探されていましたっけ…。そのため彼らには、とても親しみを感じているのです。

今回は絵本の語りを担当しました。みなさんも読んだことのあるお話がきっとあるはず。すみっコたちは映画のなかでもすみっこにいるのかな? ひみつのコって誰だろう? ご家族やお友だちと一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。

プロフィール:1975年5月1日生まれ、東京都出身、大阪府育ち。女優として数多くの映画・ドラマ・CMなどで活躍。またエッセイストとしての評価も高く、書籍も多数刊行している。

近年の映画出演作には『そらのレストラン』(19年/深川栄洋監督)、『二度めの夏、二度と会えない君』(17年/中西健二監督)など、声優としての出演作には、『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』(16年/トム・ムーア監督)、『マイマイ新子と千年の魔法』(09年/片渕須直監督)、アニメシリーズ「おでんくん」(リリー・フランキー原作 主人公おでんくん役)などがある。

 

今回公開された本予告では、仕掛け絵本の中に吸い込まれたすみっコたちが物語の登場人物となり登場。絵本の世界で迷子になっている新キャラクター「ひよこ?」と出会い、仲間を探す旅に出かけます。すみっコたちの活躍によって、誰もが知る絵本の物語が大混乱。果たしてひよこ?は無事家に帰れるのか、すみっコたちの冒険に期待が高まる映像となっています。

 

■予告YouTube URL:https://youtu.be/KP0b9nQb73U

 

 

 

 

【あらすじ】

ある日すみっコたちは、お気に入りのおみせ「喫茶すみっコ」の地下室で、古くなった一冊のとびだす絵本をみつける。絵本を眺めていると、突然しかけが動き出し、絵本に吸い込まれてしまうすみっコたち。絵本の世界で出会ったのは、どこからきたのか、自分がだれなのかもわからない、ひとりぼっちのひよこ・・・?「このコのおうちをさがそう!」新しいなかまのために、すみっコたちはひとはだ脱ぐことに。

絵本の世界をめぐる旅の、はじまりはじまり。

 

 

【映画すみっコぐらし情報】
作品名:映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ
※「映画」と「ぐらし」の後ろは半角アケ
公開表記:11月8日(金)全国ロードショー
コピーライト:©2019日本すみっコぐらし協会映画部【映画スタッフ情報】
ナレーション:井ノ原快彦、本上まなみ
原作:サンエックス
監督:まんきゅう
脚本:角田貴志(ヨーロッパ企画)
美術監督:日野香諸里
アニメーション制作:ファンワークス
配給:アスミック・エース

 

★9月20日(金)からは
特典付前売り券(ムビチケ)第2弾も
全国の劇場にて発売!
数量限定で
「映画すみっコぐらしパズルキーホルダー
【第2弾】ものがたりVer.」が付属します。

 

【映画すみっコぐらし公式サイト】sumikkogurashi-movie.com

【映画すみっコぐらし公式Twitter】 @sumikko_movie


RECOMMEND

ARCHIVES

TAG